なぜ首にいぼができるの?首イボの原因はこの4つの理由から

首イボの原因って?

 

 

首を触るとザラザラしたり、ボコッと膨れ上がった手触り
デコルテや二の腕、脇にポツポツが目立ってきたなって感じたら・・

 

実はすべてイボである可能性が高いんですよね。

 

 

首いぼの状態

 

 

では、なぜ首やデコルテ、二の腕にイボができちゃうんでしょうか?

首イボの原因としては次の4つが考えられるんです。

 

ターンオーバーの乱れ

 

あなたもよくご存じのように、お肌は通常ターンオーバーという
皮膚細胞の生まれ変わりが行われていますよね。

 

つまり、細胞の新陳代謝が常に行われているわけです。

 

肌を守るバリアとして働いた後、垢となって剥がれ落ちるというサイクル
ターンオーバーの周期は20代で約28日くらいといわれています。

 

ただ、加齢などの理由でターンオーバーの周期が乱れると
長くなることで古くなった角質がいつまでも残り続けてしまい

 

肌が硬化したり、皮脂や汚れがたまりやすくなったりとダメージを受け
それが肌表面にイボという形で出てきちゃうわけなんです。

 

摩擦による刺激

 

衣服によるこすれや、目には見えない空気中のほこりなど
私たちの肌は常にダメージを受けやすい環境にあります。

 

刺激によりダメージを受けた部分が、細胞内を盛り上げることで
ブツブツとしたイボになってしまうわけですが、さらに衣類や髪の毛

 

アクセサリーなどがこすれてあてることで、イボが大きくなりやすいんです。

 

乾燥による刺激

 

顔って毎日念入りにお手入れする方が多いんですけど
首回りは毎日丹念に・・という方は結構少ないんですね。

 

つまり、スキンケアが行き届いていないことでイボができやすくなるんです。

 

また、お風呂でゴシゴシ洗ったり、熱いお湯に入ったりすると
皮脂膜や角質層が損なわれ乾燥の原因となってしまいます。

 

保湿ケアが十分に行き届いていないうえ、乾燥にさらされると
ダメージを受けやすくイボは発生しやすくなっちゃうんですね。

 

紫外線によるダメージ

 

強い紫外線を浴びることによって皮膚が破壊され
それに対する過剰反応として、細胞分裂が活発になり首イボの原因となります。

 

紫外線は肌にダメージを与える大きな老化の一因なんですよね。

 

特に紫外線量が増えてくる5月ごろから、真夏にかけては
浴びすぎないように気をつけておくことが大切です。

 

また晴れた日以外でも、曇りの日でも紫外線はたくさん降り注いでいますから
春から夏にかけての紫外線対策は首イボ予防にもつながってきます。

 

以上、首にいぼができる原因を大きく4つ挙げてみました。
特にアラサーといわれる年代からできることの多い首イボ

 

そのほかにも顔やデコルテ、二の腕なんかのいぼにも普段から注意して
クリアポロンを使ってしっかりケアしておきましょう!